沖縄 宜野湾 こもり助産院

スケジュール&トピックス

ニップルシールド外れます

こもり助産院は、

#出産前から相談できる(前回のやり残しの克服・陥没乳頭・乳腺炎既往など)

#ミルク栄養の人(おっぱいが止まった後のケア)の相談場所

#混合栄養の人(母乳分泌アップや搾乳のしやすさのためのケア)の相談場所

#母乳育児がうまくいっていると思っていても定期健診(詰まりのチェック)ができる

#ニップルシールドを外すのが得意

#できるだけ早期退院してすぐに来てほしい

#卒乳相談は、だれでもあとのケアが必要

#母乳分泌不足も分泌過多もケアで調整できる

今回は、こもり助産院を妊娠中から紹介されていたけれど、自分が行くところではないという思い込みがあってご利用なさらなかったというメッセージが届きました。

メール私は出産前から、小森助産院に行くといいよーと言われていたのですが、
助産院は、完全母乳を目指す人や卒乳で困っている人が行く物だと思っていたので特に行く予定はありませんでした。
1人目で完全母乳に挫折してしまい精神的に苦しかったので2人目からは無理せず混合育児をしてきました。

3人目もそんなつもりでしたがなかなか母乳を吸えず、私のおっぱいも張りと痛みで限界でした。
「小さい赤ちゃんだから吸う力がないからニップルつけて授乳してねー」
「搾乳やミルクで体重増やしてから母乳がんばろうね」
と病院では言われましたが正直、私のこの苦しいおっぱいはどうしたらいいの?と不安と苦しさで先生にSOSしました。

すると、前の卒乳でおっぱいのお掃除してないからしこりは前のものよーって言われた時にすごくビックリしました。
自分は母乳が出ない体質で、卒乳も何の問題もなく出来たと思っていたので、、
ニップルでの授乳も、ふわふわおっぱいになればなくても大丈夫と言われて、施術後の授乳はそのまま痛みもなく、産後初めて赤ちゃんの顔をゆっくり見ながら授乳できました。

母乳が出ない体質ではなく、詰まり→分泌減る→母乳出なくなる。
体質のせいにしてたので今度は楽しく無理せず母乳育児していこうと思います。

困ったら、1人でやらないで小森に来て!と言われて本当だなーと思いました。


TOP