実習

離乳食実習

離乳食講座で学んだことを、再確認するための場です
離乳食がなかなか進まなかったり、逆に食べすぎでは、というお子様のお母さん、集まりませんか?
仲間同士で情報交換をしてみると…。

※離乳食実習は、離乳食講座を受けた方にお越しいただけます。

 

babyfood02.jpeg

 

 

〜離乳食実習でチェックしましょう〜

  • 食べ方のチェック
  • 赤ちゃんのサイン(硬すぎ・柔らかすぎなど)のチェック
  • 食具の椅子などが適切かのチェック

 

実は、ほとんどのお母さんたちが、実際に子どもたちが食べられる適切な硬さの食事を用意できていません。

まだ食べられないだろうと思い込んでいることが多いです。


実習に参加するとお家で食べさせていた硬さより硬いものを食べてくれるので新しい発見と観察力が付くでしょう。

にんじんは消化されずに出てくることが多いので確実に歯茎で食べられるようになってから出番です。

子どもがどうするつもりなのかじっと見ていると、育児は新しい発見でいっぱいです。

離乳食実習は、親が親であるために考える機会になります。